48歳からの華麗な生き方・老後をサポートする

介護ロボットが現場で活躍する時代へ

(公社)かながわ福祉サービス振興会 理事長 瀬戸恒彦氏(61歳) 少子高齢化により生活支援ロボットが欠かせない時代になっています。生活支援を含めたサービスロボットの市場規模は2013年に8600億円だったのが、2020年には2.8兆円市場…

詳細を見る

困った介護 認知症なんかこわくない⑪

2017.08.30

〈第3法則〉 自己有利の法則 「自分にとって不利なことは絶対認めない」というものです。 「大事なものが無い」と大騒ぎするので、家族も一緒になって捜したところ、認知症の人が使っているひきだしの中から見つかった場合、家族から「…

詳細を見る

2017年10月19日「健康介護コンシェルジュ®」検定3級  インストラクター養成講座募集中!!

日時:2017年10月19日(木曜日) 10:00〜17:00(検定は17時から) 会場:東京在宅サービス研修室(新宿御苑前駅から3分) 受講料:10000円(マニュアル含む) テーマは「歩くこと低栄養を防ぐ食事」 受講…

詳細を見る

困った介護 認知症なんかこわくない⑩

2017.07.21

川崎幸クリニック杉山孝博院長 認知症をよく理解するための8大法則・1原則 〈第2法則〉 症状の出現強度に関する法則 認知症の症状がより身近なものに対してより強く出るというのが、この法則の内容です。  介護者に対…

詳細を見る

私の健康づくり あなたはどこで誰に最期を看取られたいですか?!

一般社団法人日本看取り士会 会長 柴田久美子さん 昔は自宅で最期を迎えることが多く、死が身近にありました。家族はあたりまえのように看取り、そして看送りました。いま「自宅で最期を」と望みながら、結局、病院で最期を迎える人は85%に上りま…

詳細を見る

私の健康づくり  脳梗塞でも“脳のだましのテクニック”で歩くことができました!

九州歯科大学名誉教授 小園凱夫さん(73歳)  脳血管疾患は日本人の全死因で4番目に多く、平成26年の総患者数は117万9,000人。平成27年の死亡数は年間11万1,973人で、若い人の脳血管疾患も増えています。脳血管疾患で片マヒや…

詳細を見る

困った介護 認知症なんかこわくない⑨

2017.04.01

川崎幸クリニック杉山孝博院長 認知症をよく理解するための8大法則・1原則 〈第1法則〉 記憶障害に関する法則 (下)記憶障害の3つの特徴 ⓐ 記銘力低下  ⓑ 全体記憶の障害  ⓒ 記憶の逆行性喪失…

詳細を見る

困った介護 認知症なんかこわくない⑧

2017.01.30

川崎幸クリニック杉山孝博院長 認知症をよく理解するための8大法則・1原則 〈第1法則〉 記憶障害に関する法則 (下)記憶障害の3つの特徴 ⓐ 記銘力低下  ⓑ 全体記憶の障害  ⓒ 記憶の逆行性喪失…

詳細を見る

老人ホームの失敗しない選び方・チェック方法

2016.09.02

一般社団法人有料老人ホーム入居支援センターの上岡榮信理事長 ◎最期をどのように迎えたいか 自分の最期をどこで、どのように迎えるかを学ぶことが大事です。人間の最期は知性も気力も体力も衰えているので、だまされやすい、ごまかされやすい…

詳細を見る

「健康介護コンシェルジュ®」検定3級  インストラクター養成講座in東京

インストラクター養成講座in東京 ◎開催日時:2016年11月30日(水曜日)10:00 〜 18:00  ◎会場:トーソー株式会社内 会議室        東京都中央区新川1丁目4番9号  03(3552)121…

詳細を見る