48歳からの華麗な生き方・老後をサポートする

カテゴリー:私の健康づくり

私の健康づくり あなたはどこで誰に最期を看取られたいですか?!

一般社団法人日本看取り士会 会長 柴田久美子さん 昔は自宅で最期を迎えることが多く、死が身近にありました。家族はあたりまえのように看取り、そして看送りました。いま「自宅で最期を」と望みながら、結局、病院で最期を迎える人は85%に上りま…

詳細を見る

私の健康づくり  脳梗塞でも“脳のだましのテクニック”で歩くことができました!

九州歯科大学名誉教授 小園凱夫さん(73歳)  脳血管疾患は日本人の全死因で4番目に多く、平成26年の総患者数は117万9,000人。平成27年の死亡数は年間11万1,973人で、若い人の脳血管疾患も増えています。脳血管疾患で片マヒや…

詳細を見る

撫でることで双方が癒やされる!

認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会 理事長 秋吉美千代さん(77歳) 20年ほど前に、スウエーデンの施設でお年寄りの手をオイルマッサージしてあげるという療法を視察したことがありますが、イギリスの「セラピューティック・ケア…

詳細を見る

抗加齢は意外と自然体がいいのかも?!

NPO 法人アンチエイジングネットワーク理事長 塩谷 信幸さん(83歳) 『アンチエイジング』は15 年前、アメリカの医師が「20 歳をピークに減っていく成長ホルモンを高齢者に与えると活性化する」「加齢に伴う症状の予防と治癒」「抗加齢…

詳細を見る

愛犬の死からペット葬儀グッズメーカーになる

ライフテースト株式会社 代表取締役 大野 裕さん(55歳) 高齢化になればペット市場も拡大すると、30 年前から紙おむつメーカーは予測していましたが、予想通り2013 年度のペット産業の市場規模は、小売りベースで1兆1851 億円。1…

詳細を見る

認知症が改善、維持できる『みんなの認知症予防ゲーム』

NPO法人認知症予防ネット 理事長 高林 実結樹さん(84歳) 認知症は治らないとされていた頃、認知症予防教室「スリーA増田方式」では、脳の活性化訓練の結果、認知症が改善されたというデータを23年前に発表されています。長年にわたり『み…

詳細を見る